3.1 気候変動影響への対応

コミットメント

再生可能エネルギーの導入をはじめとした更なる温室効果ガス(GHG)排出量削減の取り組みを進めます。

  • GHG:Green House Gas

アプローチ

  • 再生可能エネルギーの導入を推進します。
  • 省エネルギーを推進します。
関連するSDGs
  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標

① 使用電力の再生エネルギー比率
② 太陽光発電設備を設置
③ グループ全体GHG削減率:Scope1と2の合計
④ グループ全体GHG削減率:Scope3
※キリングループ、ライオン

成果指標 目標値(2021年)

キリングループ

100 %
(2040年)

ライオン

10 MW
(2026年)

キリングループ

50 %
(2030年、19年比)

30 %
(2030年、19年比)

  • 図:基本的考え方 キリングループは早くからGHG排出量削減に取り組み、2009年には「1990年比で2050年にバリューチェーン全体でGHG排出量を半減する」という高い目標を掲げ大きな削減を達成してきました。しかし、2015年のパリ協定の締結、2018年の「IPCC1.5℃特別報告書」などにより、社会は大きく脱炭素社会構築に向けて動き出し、より野心的なGHG削減目標が求められるようになりました。2018年から実施しているシナリオ分析でも、事業にとって重要な原料農産物の大幅な収量減や、生産地や事業所の水リスク・水ストレスが把握され、気候変動へのさらなる対応が迫られています。このような背景を踏まえ、キリングループは、2050年にGHGネットゼロ、2040年に使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを宣言し、脱炭素社会をリードする取り組みを加速させます。 一緒につくりたい2050年の社会 気候変動を克服している社会 脱炭素社会構築に向けてリードしていきます バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量をネットゼロにします

ポイント

  • 「SBT1.5℃」目標の承認を取得してGHG排出量削減目標をScope1+2で50%減、Scope3で30%減(いずれも2019年比、2030年)にストレッチ。
  • 「RE100」に加盟して使用電力の再生可能エネルギー比率目標(2040年:100%)を設定。
  • ヒートポンプ・システム導入でキリンビールのGHG排出量前年比2%削減。
  • キリンビール名古屋工場で購入全電力100%再生可能エネルギー化。国内4工場へのPPAモデル導入により大規模太陽光発電の電力活用。

目標

  • 目標の図

達成状況

  • 達成状況の図

取り組みの概要

  • 取り組みの概要の表

取り組み

活動報告