3.4 容器包装の取り組み

コミットメント

容器包装の軽量化を継続するとともに、材料の非再生資源依存を低減し、持続性を高めます。

アプローチ

  • 容器包装の3R・資源循環に努めます。
  • 容器への持続可能な素材の利用を拡大します。
  • 製品や容器の開発の早期段階での容器材料選定と同様に容器のライフサイクル評価(LCA)を導入します。
関連するSDGs
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標

① PETボトル用樹脂のリサイクル樹脂の使用率
② 容器材料のリサイクル性
③ 容器包装資材のリサイクル材料比率
※キリンビバレッジ、キリンビール、メルシャン、ライオン、協和発酵バイオ

成果指標 目標値(2021年)

キリンビバレッジ、キリンビール、メルシャン

50 % (2027年)

ライオン

90 %
以上(2030年)

50 %
以上(2030年)

  • 図:基本的考え方 お客様のもとへ品質を守って商品をお届けするためには容器包装が必要ですが、家庭から出るゴミに占める使用済み容器包装の比率が高いことも事実です。この課題に対処するために業界を挙げて3Rを推進し、高いリサイクル率を達成してきましたが、すべてが循環しているとは言えません。森林破壊や人権にかかわる問題に対応するために早いタイミングで持続可能な紙利用を推進し、2020年末には国内飲料事業で紙容器のFSC認証紙使用比率100%を達成していますが、近年はプラスチックの問題も深刻に捉えています。オーストラリアでは容器デポジット制度も開始しています。このような背景を踏まえ、キリングループは、プラスチックを含めて容器包装が持続可能に循環している社会を目指して取り組みを加速させます。 一緒につくりたい2050年の社会 容器包装を持続可能に循環している社会 持続可能な容器包装を開発し普及します 容器包装の持続可能な資源循環システムを構築します

ポイント

  • 国内飲料事業で紙容器のFSC認証紙使用比率100%を達成。
  • 再生PET樹脂を100%使用した「R100ペットボトル」を「キリン生茶」「キリン 生茶 ほうじ煎茶」に採用拡大。ラベルレス商品も発売。
  • 「PETボトルが循環し続ける社会」の実現に向けて、三菱ケミカルと共同プロジェクトでケミカルリサイクルによるPET再資源化に向けた技術検討を開始。資源循環システム構築を目指して、コンビニエンスストア店頭での使用済みPETボトル回収試験を開始。
  • 企業連合NGO「Alliance to End Plastic Waste(AEPW)」に加盟。

容器別重量比率

  • 図:容器別重量比率

達成状況

  • 図:達成状況

取り組みの概要

  • 取り組みの概要の表

取り組み

活動報告