持続可能な材料

プラスチックポリシー

プラスチックは利便性から様々な製品や容器包装などに使用されています。その種類や用途は多岐にわたり、使用された樹脂の種類によって回収率やリサイクル率が異なり、すべてが効率的に循環しているとは言い難い状態です。また、環境中に捨てられたプラスチックごみが最終的に海に流れ、海洋汚染や生態系に影響を及ぼしている可能性が国際的にも指摘されています。
「プラスチック廃棄物課題」は、環境に関する大きな社会課題の1つです。キリンホールディングスは、2019年2月にこの課題の解決に向けた取り組み方針「キリングループ プラスチックポリシー」を策定しました。この中で、PETボトルの資源循環をさらに推進するために、日本国内のPETボトルにおけるリサイクル樹脂の割合を2027年までに50%に高めることを目指すこと、さらに、石油資源からの脱却に向けた非可食性植物由来のPETボトル樹脂の導入の検討も進めていくことを宣言しました。さらに、2020年2月「キリングループ環境ビジョン2050」の発表に併せて、2050年までに、リサイクル材やバイオマスなどを使用した、持続可能な容器包装100%化を目指すことも表明しました。
キリングループでは、プラスチックが抱える本質的な課題を把握し、グループ各社が提供するプラスチック容器包装などに対する適切な取り組みを迅速に進めることで、プラスチックの持続可能な使用および資源の循環を推進していきます。

持続可能なPETボトルの使用

キリンビバレッジでは、近年安全なPET樹脂再生の手法が確立したことを受けて、再生PET素材をPETボトル原料として使用する取り組みを推進しています。その手法「メカニカルリサイクル」では、洗浄のあと真空に近い状態の高温下で処理を行うことで、樹脂の内部に留まっている不純物を揮発させながら除去するほか、リサイクル工程中に低下した分子量をボトル成形に適したレベルに回復させることができます。
2014年2月から「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」のパッケージの一部に、再生PET素材100%のPETボトルの採用を開始しました。このボトルは、一般的な石油由来PET素材に比べてCO2排出量を50~60%削減することができます。さらに、2019年6月からは「キリン 生茶デカフェ」430mlにも採用を拡大し、パッケージには再生PET素材100%のボトルであることを示すR100の表示をつけています。
なお、「キリン 生茶デカフェ」R100ボトルは、2019年に公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「2019日本パッケージングコンテスト」において「ジャパンスター(日本包装技術協会会長賞)」を、2020年には世界包装機構(WPO:World PackagingOrganization)が主催する「ワールドスターコンテスト 2020」のビバレッジ部門において「ワールドスター賞」を受賞しています。

  • 図:持続可能なPETボトルの使用

紙容器へのFSC認証紙採用

キリングループは、2017年2月に「CSVコミットメント」を定め、その具体的な取り組みの第一弾として、2013年に定めた「持続可能な生物資源利用行動計画」を改訂し、2020年末までに、すべての紙製容器包装でFSC認証紙への切り替えを目指すことを宣言しました。これは、容器包装の材料そのものを持続可能にする段階に入ったことを示しており、「環境ビジョン2050」の「生物資源」と「容器包装」の両課題に係わる重要な取り組みとして位置づけられています。
この取り組みの大きな特徴は、FSC認証紙を採用する対象が、「6缶パック」「ギフト箱」「紙パック」「製品用段ボール箱」とすべての紙容器を網羅していることであり、日本のメーカーでは初の宣言となっています。
飲料では、宣言前の2016年5月の時点で「トロピカーナ100%」シリーズの250ml紙パックでFSC認証紙を全面的に採用してFSCラベルも表示していましたが、宣言後の2017年3月には「トロピカーナ」900ml紙パックで、さらに同年5月には「キリン 午後の紅茶 サマーシトラスティー」紙パックでFSC認証紙を採用しました。その後、順次採用を進めて、2018年10月末に、飲料用6缶パック、製品用段ボール箱、2019年11月末にはキリンビバレッジのすべての紙容器でFSC認証紙採用100%を達成しました。酒類では、2017年11月末にビール用6缶パックのすべてのサイズでFSC認証紙100%を達成し、同年10月には「キリン一番搾り生ビールセット」のギフト箱でも認証紙を採用しました。
2019年3月末には、ギフト箱、製品用段ボール箱でFSC認証紙100%を達成し、キリンビールのすべての紙容器でFSC認証紙100%を達成しています。残る酒類紙パックもFSC認証紙比率が98%を超えており、2020年中には100%になる予定です。

  • 図:紙容器へのFSC認証紙採用

FSC認証紙の目標と達成状況

2020年3月末現在での達成状況は、以下の通りです。

FSC認証紙使用の目標と達成率

種別目標目標年FSC認証紙比率FSCラベル付与比率
ビール6缶パック 100% 2017年末 100% 約93%
飲料6缶パック 100% 2017年末 100% 約78%
ギフト箱 100% 2020年末 100% 約70%
飲料紙パック 100% 2020年末 100% 約75%
酒紙パック 100% 2020年末 約98% 約9%
飲料製品用段ボール箱 100% 2020年末 100% 約70%
ビール・RTD製品用段ボール箱 100% 2020年末 100% 約60%
ワイン・焼酎製品用段ボール箱 100% 2020年末 100% 0%

ビール6缶パック、製品用段ボール箱の上面へのFSCロゴの表示

キリングループでは、森林を守る大切さを実感いただけるようにFSC認証ラベルの表示も進めています。2017年5月に、日本で初めてFSC認証ラベル付きのビール6缶パックを発売したのをはじめとして、同年10月製造分から順次6缶パックの底面に認証ラベルの表示を開始し、現在ではほとんどの6缶パックの底面に表示されています。
飲料でも紙パックの口部分や側面に表示を開始しており、すでに半数以上で確認することができます。
さらに、2019年1月出荷分からは、酒類6缶パックと製品用段ボール箱の上面にFSCロゴの表示を開始し、店頭に並ぶほとんどの製品でFSCロゴを見ることができるようになりました。