リデュース

コーナーカットカートン

パッケージイノベーション研究所が開発し2004年から導入した「コーナーカットカートン」は、四隅を切り落とすことによる軽量化と、側面が8面構造となり強度が向上にすることによる薄肉化により、従来から10.9%の軽量化を達成しています。

  • 図:コーナーカットカートン

スマートカットカートン

2015年から導入した「スマートカットカートン」は、「コーナーカットカートン」の技術を基に、軽量化に加え、蓋の口径を小さくした204径缶の肩にできる空間に合わせカートン長側面上部の角を切り落とした形状にしたものです。これにより、それまでのコーナーカットカートンより16%軽量化できています。
パッケージイノベーション研究所が容器包装メーカーと共同開発を行い、共同意匠権を取得しています。

  • 図:スマートカットカートン

6缶パック

6缶パックでは、持ちやすさ、取り出しやすさに加え、軽量化の工夫を随所に施しています。たとえば、パックの側面部に缶の縁に合わせた切り抜き部を新たに設け(キリン特許)、紙で缶の底を安定させる「缶底ロック機構」を使うことで、500ml用6缶パック包装資材で1枚当たり4g、従来よりも8%削減しながら、缶のホールド性も向上させています。

  • 図:6缶パック

国産最軽量アルミ缶

ビール用アルミ缶では、缶蓋の口径を小さくし、胴部の上下部分を絞ることで胴部の重量を削減するとともに胴部の薄肉化を進めることで、現在の「204径缶」は「209径缶」当時と比べ350mlアルミ缶で約29%の軽量化を実現しています。
さらに、2016年には資材メーカーと共同で、缶蓋、缶胴の両方を薄肉化した国産最軽量となるアルミ缶を開発しました。缶全体の重さを14.6gから13.8gとし、約5%(0.8g)軽量化を実現しています。これにより、209径缶と比べて33%(6.7g)の軽量化を果たしました。缶の素材としては、スチールとアルミがあり、どちらも軽量化が必要ですが、特にアルミの場合は製錬に大量の電気が必要なこともあり、GHGのScope3排出量削減に大きく貢献しています。
飲料用スチール缶では、「FIRE 挽きたて微糖」のダイヤカット190gスチール缶で、2011年には2008年比で17%の軽量化を達成しています。

  • 缶蓋の大きさを示す数字は、例えば 「204」であれば缶蓋の直径が2+4/16 インチであることを示しています。

350mlアルミ缶の重さの推移

  • グラフ:350mlアルミ缶の重さの推移

国産最軽量リターナブルびん

リターナブルびんには、軽量化とともに「耐久性を求められるリターナブル性能」と「お客様の安全・安心確保のための強度」が必要です。
そこで、パッケージイノベーション研究所では、外表面に薄い皮膜を作る「セラミックスコーティング」、衝撃に強くするための形状設計、「開栓しやすさ」と「密閉性」という相反する条件と「口欠けしない強度」を持った口部の設計などを駆使して、大・中・小すべてのサイズのビール用リターナブルびんで、国産最軽量を達成しています。

  • 図:国産最軽量リターナブルびん

国産最軽量PETボトル

キリングループではPETボトルの軽量化を目指して、パッケージイノベーション研究所での技術開発を継続的に行っています。
その中でも「キリン アルカリイオンの水」2LPETボトルは、2003年6月以前の63gから2015年には28.9gに軽量化し、さらに2019年には、国産最軽量の28.3gを達成しています。
単純に薄肉化しただけではボトル強度が保ちにくくなるため、適切な強度と持ちやすさを兼ね備える設計とし、さらに飲み終わったら小さな子どもの力でもボトルを簡単に潰すことができるよう工夫しています。
2019年4月には、口部のねじ山をより細くし、ネジの長さを削減するなど、ネジ部の改良によりさらに軽量化を進めました。これにより、年間約107tのPET樹脂と約375tのCO2削減が可能となります。

  • 水用2L PETボトル

  • 図:国産最軽量PETボトル