1.2b 健康・未病領域におけるセルフケア支援

コミットメント

生涯にわたるクオリティ・オブ・ライフの向上に寄与する、革新性のある商品・サービスや、新規事業の創造にチャレンジします。

アプローチ

  • 患者様が健康を回復する支援として、各種医薬原薬や輸液原料、医療食原料を供給します。
  • サプリメントや飲料・食品向けの機能性を持つ原料の供給や、健康食品の通信販売の拡大により、人々が健康な生活を送ることができるように支援をします。
  • 1.2b 健康・未病領域におけるセルフケア支援

関連するSDGs
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標

① 使用患者数
② 健康食品使用人数
※協和発酵バイオ

成果指標 目標値(2027年)

① + ②
4,300 万人
(2027年)

取り組み

健康・未病領域におけるセルフケア支援

患者様が健康を回復する支援に、グループ連携で取り組んでいきます。

  • 健康・未病領域におけるセルフケア支援

サプリメントや飲料・食品を通じて、健康・未病領域におけるセルフケア支援にグループ連携で取り組んでいきます。

  • 健康・未病領域におけるセルフケア支援

トピックス

多様なノンアルコールビールの開発で健康で心豊かな生活の実現に貢献する

アルコール飲料は多くの人に楽しみや潤いのある豊かな暮らしをもたらしますが、一方で飲酒が一部の人々の健康を損なうなどの問題があることも事実です。そのようなアルコール飲料の有害摂取をなくすことは酒類メーカーとしてのキリングループの責任であり、適正飲酒や飲酒マナーに関する啓発活動、酒類の広告・宣伝活動に関する業界の厳しい自主基準の設定と遵守、国内外における業界全体の取り組みへの積極参画など、地域社会や国際社会とともに問題飲酒の撲滅と予防に向けた対策を推進しています。

プラズマ乳酸菌を活用した商品展開

高齢化社会の進展や健康志向の高まりを背景に、毎日手軽に摂取でき、健康づくりに役立つ食品への関心が高まっています。 そうした中、キリングループでは、発酵・バイオテクノロジー分野で培った知見・ノウハウをもとに、グループ横断型の研究チームを組織。人々の健康増進に貢献する食品の研究・開発に取り組んできました。