労働安全の確保 方針と体制

キリングループの労働安全衛生の考え方

職場の安全衛生

安全・衛生の確保を最優先とし、安全で衛生的な職場環境の整備に努め、また、業務上の安全・衛生に関する法令等を理解し、これを遵守します。

労働関係法の遵守

労働関係法を遵守し、働きやすい健康な職場環境の維持に努めます。また、リーダーはメンバーの勤務日や勤務時間の管理を徹底するとともに、メンバーの心身の健康状態に常に留意します。

労働安全衛生の体制について

キリングループでは、各事業所における「安全衛生委員会」を統括する機能として、事業会社代表者および労働組合の代表者などにより構成される「中央安全衛生委員会」を設置しています。毎年、事業会社ごとに安全衛生に関する活動方針を策定しています。
各事業所は、毎月「安全衛生委員会」を開催し、事業所の特性に適した方針策定と安全・健康な事業所づくりに取り組んでいます。また、職場巡視を行い、危険箇所や健康障害となり得る要因のチェックと改善を行っています。
法令遵守に基づき活動している安全衛生委員会の既存の取組みがより効果的になるように「健康経営」の視点を加え、従業員の健康に関わる重点課題として、「生活習慣病」「メンタルヘルス」「働き方改革」「お酒との付き合い方」の4つの重点課題を定め取り組んでいます。

キリンホールディングス株式会社健康経営推進体制

キリンビールでは、「安全衛生管理規定」を制定し、そのなかで生産及び営業の本部長が全国の各所轄事業所の安全衛生管理を統轄し、人事部門長は、本店部門長を援助する体制を取っています。
キリンビール生産部門においては、安全に関するKPIを毎年設定し、進捗状況について経営陣によるモニタリングを四半期ごとに実行しています。
また各工場の安全衛生水準の向上を図るため、「リスクアセスメントガイドライン」を制定し、危険性または有害性の調査を行い、その結果に基づいて、危険または健康障害を防止するための必要な措置を講じています。

労働組合の関与

各事業会社にて従業員代表者あるいは労働組合と安全衛生の年度の取組施策の進捗状況について、共有・振り返りのための労使話し合いを定期的に行っています。

健康と安全のパフォーマンス監視と管理

キリングループでは、CSVコミットメントの中に「健康経営の実現」を定めました。これまでの安全衛生の取り組みから一歩踏み込んだ活動として、健康経営に取組み、成果指標を策定し、グループ全体での進捗をモニタリングしていきます。

サプライヤーの労働安全

キリングループではサプライヤーの安全管理について、「キリングループ持続可能なサプライヤー規範」(以下サプライヤー規範)に『安全衛生・健康』の一項目として「安全な労働環境の提供」を明記しており、サプライヤーに対してこのサプライヤー規範に基づく持続可能な調達を推進しています。
引き続き理解・浸透に努め、グループ全体で安全・衛生の確保を最優先とした労働環境の整備をおこなっていきます。