SASB対照表

サステナビリティ開示トピックと会計指標

2018年10月版

トピック会計指標コード開示箇所
車両燃料マネジメント 車両燃料消費量、再生可能エネルギーの割合※a FB-NB-110a.1 環境報告書2020 P97-98
エネルギーマネジメント (1)操業エネルギー消費量、(2)グリッド電力の割合、(3)再生可能エネルギーの割合※b FB-NB-130a.1 環境報告書2020 P68
環境報告書2020 P93, 97
ウォーターマネジメント (1)総取水量、(2)水の総消費量、それぞれの水ストレスが「高い」「極めて高い」地域の割合※c FB-NB-140a.1 環境報告書2020 P37, 41, 43
環境報告書2020 P94-95
ウォーターマネジメント上のリスクの説明、およびリスク軽減に向けた戦略と取り組みに関する議論 FB-NB-140a.2 環境報告書2020 P10-11, 13-19
環境報告書2020 P36-43
健康と栄養 (1)ゼロカロリー・低カロリー、(2)無糖、(3)人工甘味料を含む飲料、それぞれの収入※d FB-NB-260a.1 ESGデータ集(社会、お客様)
消費者の栄養や健康上の懸念に関連する製品や原材料を特定し、管理するためのプロセスに関する議論※e FB-NB-260a.2 コミットメントおよび成果指標一覧(1.1健康・未病領域におけるセルフケア支援)
製品のラベル表示とマーケティング (1)子ども向け、(2)食事に関するガイドラインに適合した商品を宣伝する子ども向け項目のインプレッションの割合※f FB-NB-270a.1
(1)遺伝子組み換え作物(GMO)、(2)遺伝子組み換えでない(non-GMO)と表示された製品からの収入※g FB-NB-270a.2
業界または規制によるラベル表示/マーケティング規約に対する違反の件数※h FB-NB-270a.3 ESGデータ集(社会、お客様)
マーケティングおよび/またはラベル表示慣行に関連する法的措置による金銭的損失の総額※i FB-NB-270a.4 ESGデータ集(社会、お客様)
包装のライフサイクルマネジメント (1)包装容器の総重量、(2)リサイクルおよび/または再生可能資材から作られた割合、(3)リサイクル可能、再利用可能、および/または堆肥化可能な割合 FB-AB-410a.1

環境報告書2020 P22
環境報告書2020 P53, 57-59
環境報告書2020 P95-96

包装容器のライフサイクル全体における環境負荷低減戦略の議論 FB-AB-410a.2 環境報告書2020 P10-11, 14-15, 18-19
環境報告書2020 P44-59
原材料のサプライチェーンにおける環境・社会への影響 サプライヤーの社会・環境責任監査の(1)不適合率、(2)(a)重大な不適合および(b)軽微な不適合に対する是正処置率※j FB-NB-430a.1 CSR調達推進に向けた取り組み
ESGデータ集(社会、サプライヤー)
原材料調達 水ストレスが「高い」「極めて高い」地域から調達した飲料原材料の割合※k FB-NB-440a.1 環境報告書2020 P13-14
環境報告書2020 P41
最重要な飲料原材料のリスト、および環境・社会的配慮による調達リスクの説明 FB-NB-440a.2 環境報告書2020 P13-14, 16-19
環境報告書2020 P26-28, 31-35
環境報告書2020 P38, 41-42

活動指標

活動指標コード開示箇所
販売容量※l FB-AB-000.A 環境報告書2020 P93
生産拠点数※m FB-AB-000.B グループ会社一覧
環境報告書2020 P41
総走行距離※n FB-AB-000.C 環境報告書2020 P98
  • a:エネルギー種別の燃料消費量と、荷主としての輸送に伴うCO2排出量は開示しているが、車両燃料消費量は開示していない。
  • b:エネルギー種別の消費量の総量と工場からのGHG排出量は開示しているが、操業エネルギー消費量は開示していない。一部工場のデータ購入電力量と再生可能電力量は開示している。
  • c:水の総消費量は(用水使用量−排水量)で推計可能。国別の水ストレスは開示しているが、総取水量と総水消費量に対する水ストレス地域の割合は開示していない。
  • d:無糖製品の売上高は開示していないが、低糖製品・低脂肪製品の売上高は開示している。人工甘味料を含む飲料の売上高は開示していない。
  • e:コミットメントは開示しているが、具体的な管理プロセスは開示していない。
  • f:開示していない。
  • g:開示していない。
  • h:酒類についてのみ開示している。
  • i:金銭的損失額は開示していない。また、酒類についての一部違反案件は注記に参照URLを記載している。
  • j:サプライヤーのセルフアセスメント実施率は開示しているが、不適合の割合は開示していない。不適合があった場合は、是正依頼を行っている。
  • k:割合は開示していないが、原料別・国別水使用量は開示している。また、重要な飲料原材料である農産物の水リスクを含む、シナリオ分析結果を開示している。
  • l:販売容量は開示していないが、製品生産量は開示している。
  • m:主要な製造拠点数を開示している。
  • n:総走行距離は開示していないが、国内のみについて、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」の特定荷主の報告対象範囲内での貨物輸送量(=貨物重量×輸送距離)は開示している。