[食領域]

ビール6缶パック、ファイアの6缶パックにFSC®認証ラベルを付けていきます

  • 環境

2017年12月01日

  • ビール6缶パック、ファイアの6缶パックにFSC<sup>®</sup>認証ラベルを付けていきます

FSC認証ラベルは、環境(生物多様性)に配慮し、適切に管理された森林資源をパッケージに使用している証拠です。すでに11月末には、キリンビールのすべてのサイズの6缶パックの板紙がFSC認証紙に切り替わっています。
今回、お客様に森林を守る大切さを知っていただけるように、認証ラベルを順次表示していくことにしました。
2017年10月下旬製造分の「キリン一番搾り生ビール」から付けていきます。
さらに、2017年10月3日にリニューアルされた「キリン ファイア」の6缶パックもFSC認証紙になり、認証ラベルを付けています。

  • 「キリン ファイア 6缶パック」に印刷されたFSCR認証ラベル

キリングループは2020年末までにすべての紙製容器でFSC認証紙への切り替えを目指すことを宣言しています。
6缶パック以外でも、今年の秋にフルリニューアルされた「キリン 一番搾り 生ビールセット」にFSC認証紙のボックスを採用し、紙パックでも約80%がFSC認証紙に切り替わっているなど、当初予定よりも早い切り替えが進んでいます。

具体的な目標と達成状況は以下の通りです。

種別 目標 目標年 達成率(2017年11月末現在)
FSC認証紙比率 FSCラベル付与比率
ビール6缶パック 100% 2017年末 約100% 約10%
飲料6缶パック 100% 2017年末 約70% 約70%
ギフト箱 100% 2020年末 100% 約25%
紙パック 100% 2020年末 約80% 約40%
製品用段ボール箱 100% 2020年末 2018年春から対応予定

※所属(内容)は掲載当時のものになります。

価値創造モデル

私たちキリングループは、新しい価値の創造を通じて社会課題を解決し、
「よろこびがつなぐ世界」を目指しています。

価値創造モデルは、キリングループの社会と価値を共創し持続的に成長するための仕組みであり、
持続的に循環することで事業成長と社会への価値提供が増幅していく構造を示しています。
この循環をより発展させ続けることで、お客様の幸せに貢献したいと考えています。