アースアワー※12018に協力しています

  • 環境

2018年05月01日

  • アースアワー<sup>※1</sup>2018に協力しています

©WWFジャパン
イベント会場で環境冊子と飲料を提供しました

キリンは2016年からWWFジャパンが主催するアースアワーに協力しています。
今年も3月24日(土)に東京、横浜で開催されたアースアワー2018のイベントで、キリンの環境への取り組み※2をまとめた環境冊子と、森林を守るFSCR認証紙を紙容器に使用している飲料を提供しました(FSCR C137754)。また、両会場のイベントで使われた電力の一部には、キリンが協力している横浜市風力発電所(ハマウィング)のグリーン電力証書が活用されています。

私たちキリングループは、「グローバルでのキリングループのバリューチェーン全体のCO2排出量を、2050年までに1990年比で半減する」という高い目標を設定しています。
さらに、2017年3月には企業活動などで直接排出するCO2などの温室効果ガスおよびバリューチェーンで排出される温室効果ガスを、2030年までにそれぞれ2015年比30%削減する中期削減目標を設定し取り組みを進めています。この削減目標は、SBT(Science Based Targets)より、日本の食品・飲料業界として初めて承認されています。
私たちは今後も自社の商品や事業を取り巻く全てのステークホルダーと協力し、バリューチェーン全体でCO2排出量を削減する活動を推進していきます。

  1. アースアワーとは
    WWFが主催する2007年にオーストラリアで始まった消灯アクション。世界中の人々が、それぞれの地域で同じ日の同じ時間に電気を消すことで、地球温暖化の防止や環境の保全に向けた決意を表明する世界最大の環境キャンペーン。
    アースアワー2018の開催報告はこちら
  2. キリンの環境への取り組みはこちら

※所属(内容)は掲載当時のものになります。

価値創造モデル

私たちキリングループは、新しい価値の創造を通じて社会課題を解決し、
「よろこびがつなぐ世界」を目指しています。

価値創造モデルは、キリングループの社会と価値を共創し持続的に成長するための仕組みであり、
持続的に循環することで事業成長と社会への価値提供が増幅していく構造を示しています。
この循環をより発展させ続けることで、お客様の幸せに貢献したいと考えています。