多様な人材と挑戦する風土

全体方針

キリンの人材に対する考え方

キリングループでは、無限の可能性をもち、自ら成長・発展し続けようとする従業員一人ひとりの努力と個性を尊重することを人材に対する普遍的な考え方に置き、会社と従業員との関係を「仕事を介したイコールパートナー」と位置づけた「人事の基本理念」を掲げています。
従業員にはキャリア形成や仕事のデザインにおいて「自律した個」であることを求め、会社は「自律した個の尊重・支援」を約束しているものです。この理念に沿って、当社グループは個々の従業員が完全燃焼最大限に能力発揮できる場を提供しています。

  • 図:キリンの人材に対する考え方

人材戦略におけるグループ本社の役割

キリングループにおける人材戦略は、グループ本社としてのキリンホールディングス及び各事業会社にて互いに連携しながら策定し、実現に向けて取り組みを進めています。
キリンホールディングスの重要なミッションは、経営理念、ビジョン、価値観の浸透を図ることであり、CSVを経営の軸に置くことへの理解と共感を高めることを支援しています。
また、各事業の人材戦略のサポートも必要に応じて行っています。

  • 図:人材戦略におけるグループ本社の役割

多様な人材と組織風土を通じたイノベーションの実現へ

「多様な人材と挑戦する風土」は、KV2027においてイノベーションを実現する組織能力の1つとして位置付けており、組織能力を最大化するためには不可欠と考えています。
「多様な人材と挑戦する風土」において、特に重要なものとしては、多様性の推進、人材力の強化、組織風土の醸成が挙げられます。
これらの取り組みを通じ、キリングループの持続的な成長につなげていくべく、無形資産である「人材」の強化に積極的に投資していきます。

人材力の強化

長期経営構想「KV2027」では、既存事業(食領域/医領域)のさらなる成長とともに、ヘルスサイエンス領域における事業の立ち上げと育成を掲げています。このように事業や外部環境が変化する中において、未来を描き実行を担っていく人材こそが最大の企業競争力の源泉であり、その潜在能力を発揮してもらうことこそが、最も有効な組織能力強化につながると考えています。この考えのもと、キリングループでは、食から医にわたる領域で、将来のキリングループの経営や各事業・機能を担う人材を獲得・育成しています。

多様性

2019年に策定したKV2027において、グループ共通の価値観“One Kirin Values”に、従来の「熱意」(Passion)、「誠意」(Integrity)に加え、「多様性」(Diversity)」を追加しました。世界のCSV先進企業となる」ためのドライバーは、「多様性」であると考えています。
キリンは、多様な従業員が互いの強みを発揮することで従業員も組織も成長し、多様性からイノベーションを生み出し、新たな価値創出につなげていきます。
性別、障害の有無、年齢、国籍に関係なく、成長意欲を持つ多様な従業員が働きやすい環境整備と働きがいのある組織風土の実現に向けて取り組んでいます。

組織風土

キリングループは、従業員一人ひとりが主体的に挑戦する組織風土を持ったエンゲージメントの高い組織を目指しています。
そのために、従業員一人ひとりがキリングループの目指すビジョンや方向性に対する理解・共感を深めていき、キリングループの一員であることに誇りを持って働けるように様々な施策を展開していきます。また、多様な人材がその可能性を十分に発揮するためには、活力のある職場・組織風土を醸成することが必要であるため、従業員一人ひとりが失敗やリスクを恐れることなく、主体的な挑戦を通じて成長できる環境整備や、挑戦するためのベースとなる健康でいきいきと働き続けられる環境づくりにも着手しています。

関連情報