多様な人財と挑戦する風土

役員メッセージ(人事総務戦略担当)

多様な人財と組織風土を通じたイノベーションの実現へ

近年、経営をとりまく環境が劇的に変化し、そのスピードも加速しています。まさにVUCAの時代。正解のない、先の読みにくい環境の中、グローバル社会全体が大きな転換点を迎えています。新型コロナウイルスで加速した生活環境の変化、個人の価値観の多様化もあいまって、人的資本経営の重要性がますます高まるとともに、その在り方も進化させていく必要があると考えています。

キリングループは、長期経営構想キリングループ・ビジョン2027(KV2027)を掲げ、既存事業(食領域/医領域)のさらなる成長とともに、ヘルスサイエンス領域の拡大を通じ、「世界のCSV先進企業」を目指しています。一方、現在のように不確実性が高く、不透明な経営環境においてKV2027を実現するには、企業競争力の最大の源泉である人財力を高め、さらに人財力を最大限に引き出す組織能力の強化が不可欠です。

これらを踏まえ、キリングループでは、人的資本の価値拡大を通じて持続的成長を実現すべく、人財と組織に関する課題に取り組んでいきます。また、グループ内に留まらず「人財」を社会全体の資産として大切にし、育てていくことが求められていく時代であり、ビジネスパートナーとの協働を含む社会全体での人権課題への取り組みも重要です。さらに、目標設定、モニタリングを通じた進捗状況などの適切な情報開示を通して、グループ経営全体でこれらを推進するガバナンス体制を強化していきます。

  • キリンホールディングス株式会社
    常務執行役員
    坪井純子

人財力の強化

キリングループでは、「無限の可能性をもち、自ら成長・発展し続けようとする従業員一人ひとりの努力と個性を尊重する」ことを人財に対する普遍的な考え方としています。
これに基づき、会社と従業員との関係を「仕事を介したイコールパートナー」と位置づけた「人事の基本理念」を掲げ、従業員にはキャリア形成や仕事のデザインにおいて「自律した個」であることを求め、会社は「自律した個の尊重・支援」を約束します。変化の激しい時代だからこそ、人財こそが競争力の源泉です。私たちは、グループ内はもちろんオープンな発想で持続的に従業員の経験価値(エンプロイ・エクスペリメント)を高めていく必要があると考えています。

多様性

多様性は、価値創造の原点です。KV2027の実現に向け、社会課題やお客様の期待に応える価値創造の最大のドライバーは「多様性」であると考え、従来の「熱意」(Passion)、「誠意」(Integrity)に加え、「多様性」(Diversity)」をグループ共通の価値観“One Kirin Values”に追加しました。
私たちは属性と個の両面から多様性を推進し、性別、障害の有無、年齢、国籍、人種、宗教に関係なく、成長意欲を持つ多様な人財が、個々の価値観や視点の「違い」を受容し、「違いを新たな力に変える」ことで、持続的なイノベーション創出を目指していきます。

組織風土

私たちは、イノベーションを実現する組織能力の獲得に向け、一人ひとりの成長意欲に応える「働きがい」に満ちた活力ある、エンゲージメントの高い組織風土の醸成を目指しています。
そのために、従業員一人ひとりがキリングループの目指すビジョンや方向性に理解・共感し、キリングループの一員であることへの誇りを高めるとともに、個々人の成長意欲に応える様々な施策を展開していきます。
また、個々人が保有する能力を最大限発揮するために、失敗やリスクを恐れることなく挑戦できる安全・安心な労働環境と健康で活き活きと働き続けられる環境づくりに取り組んでいきます。

人権の尊重

サプライチェーンに関する人権問題、コロナ禍での社会的弱者の人権など、国内外での人権課題が注目され、企業への社会的要請も高まっています。このような状況の中、「世界のCSV先進企業」を目指すキリングループとしては、国内外の事業活動に関係する様々な人権課題について取り組みを先進レベルに引き上げ、社内外ステークホルダーの信頼と安心を高めていくことが求められています。
私たちは、「持続的成長のための経営諸課題」(グループ・マテリアリティ・マトリックス)の1つとして「人権の尊重」を掲げ、トップマネジメント層が参加するグループ人権会議を通じたバリューチェーン全体で人権課題の予防と是正、ガバナンス体制の強化に取り組み、ビジネスパートナーと共に安心・安全な労働環境を整備していきます。また、「キリングループ人権方針」の取り組みを通じて、グループ全体の人権意識の向上に努めています。

人財戦略におけるグループ本社の役割

キリングループにおける人財戦略は、グループ本社としてのキリンホールディングス及び各事業会社にて互いに連携しながら策定し、実現に向けて取り組みを進めていきます。
キリンホールディングスの重要なミッションは、経営理念、ビジョン、価値観の浸透を図ることであり、CSVを経営の軸に置くことへの理解と共感を高めることを支援していきます。また、各事業の人財戦略の実行のサポートも必要に応じて行っています。

関連情報