社会との価値共創

Creating Shared Value 社会との共有価値の創造 Creating Shared Value 社会との共有価値の創造

CSVとは?

Creating Shared Valueの略

共通価値の創造。社会的ニーズや社会問題の解決に取り組むことで社会的価値の創出と経済的価値の創出を実現し、成長の次なる推進力にしていくこと。

  • 2011年にハーバード大学のマイケル E. ポーター教授とマーク R. クラマー氏が提唱した概念。

社会とともに成長するために

キリングループは、ステークホルダーの皆様と共に社会的価値と経済的価値を創出し、社会と共に持続的な成長を続けていきます。そのために、解決するべき社会課題を特定し、具体的なアクションプランを定め、グループ全体で取り組んでいます。

  • キリングループとして取り組むべき課題 → CSVパーパス → コミットメント

キリングループとして取り組むべき課題

社会と共に将来にわたり持続的に存続・成長していくうえでの
重要テーマを選定しています。

  • 持続的成長のための経営諸課題 グラフ:持続的成長のための経営諸課題

社会とともに持続的に存続・発展していく上での重要テーマを「持続的成長のための経営諸課題(グループ・マテリアリティ・マトリックス:GMM)」に整理しています。
グループを取り巻く社会課題を踏まえ、「酒類メーカーとしての責任」を果たすことを前提に、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」の4つを「CSV重点課題」に選定しています。

  • Sustainable Development Goals

キリングループとして取り組むべき重点課題は、国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)に合致し、それを支援するものです。

CSVパーパス

キリングループビジョン2027の指針として、取り組むべき課題の中で、
特に取り組むべき4つの重点課題ごとに、CSVパーパスを策定しています。

CSVパーパスは長期経営目標を達成するための指針です。「酒類メーカーとしての責任」として、アルコール関連問題に取り組み、その上で、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」の3つの社会課題の解決に事業を通じて取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

CSVパーパス

  • 図:CSVパーパス

CSVコミットメント

「CSVパーパス」の実現に向けた各グループ会社の中長期アクションプランとして、
19のCSVコミットメントを設定しています。

重点課題に対するアクションをコミットメント毎に設定しています。各グループ会社は、コミットメントにおいて、具体的なアプローチと成果指標を掲げて事業の成長に向けて取り組んでいます。※下表は、コミットメントの中身を一部抜粋し整理したものです。

重点課題
CSVコミットメント
事業会社
アプローチ
成果指標
酒類メーカーとしての責任 適正飲酒啓発と次世代へのお酒の文化継承 キリンビール
メルシャン
ライオン
ミャンマーブルワリー
適正飲酒啓発プログラムの実施 100万人
健康 健康・未病領域における新価値創造 キリンホールディングス キリンの健康機能性素材にアプローチできる(購入できる)国数(人口) 5か国
(5か国総人口6.5億人)
地域社会・
コミュニティ
原料生産の持続可能性強化 メルシャン 自社管理畑のブドウ生産量 200t
(2027年)
環境 気候変動影響への対応 キリングループ グループ全体GHG※1削減率(①Scope1.2の合計/②Scope3)​ ① 50%
② 30%
(2030年、19年比)

※1 GHG(Green House Gas​)

重点課題への取り組み

「酒類メーカーとしての責任」を前提に「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」を重点課題として選定し、こころ豊かな社会の実現に向けて取り組んでいます。

酒類メーカーとしての責任

全ての事業展開国で、アルコールの有害摂取の根絶に向けた取り組みを着実に進展させる。(Zero Harmful Drinking)

お酒はお客様の心豊かな生活に貢献する一方で、一部では飲酒が健康を損なっていることも事実です。
キリングループはお酒を扱う企業として、まずアルコール関連問題の解決に取り組み、次世代にお酒の文化を継承していきます。

重点的に取り組むSDGs
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標 目標値(2021年)

適正飲酒啓発プログラム・
飲酒マナー広告などの参加・閲覧数

100 万人

View all

健康

健康な人を増やし、 疾病に至る人を減らし、 治療に関わる人に貢献する。

キリングループは、安全・安心はもちろん、美味しさを楽しみながらセルフケアできる飲料・食品の開発や、グループに医薬・バイオケミカル事業を擁する強みを活かした新たな商品やサービス、新薬の創出を通して、お客様の心と体の健康と、クオリティ・オブ・ライフの向上に貢献します。

重点的に取り組むSDGs
  • 2 飢饉をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標 目標値(2021年)

キリンの健康機能性素材にアプローチできる(購入できる)国数(人口)

5 か国 (5か国総人口6.5億人)

View all

地域社会・コミュニティ

お客様が家族や仲間と過ごす機会を増やすとともに、 サプライチェーンに関わるコミュニティを発展させる。

人と人とのつながりの希薄化が懸念される今、キリングループは、お客様が家族や仲間と幸せな時間を共有できる機会を増やすとともに、原料の生産者が抱える問題の解決に共に取り組むことで、豊かで活気あふれる地域社会の形成とコミュニティの活性化に貢献し、事業基盤を強化していきます。

重点的に取り組むSDGs
  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢饉をゼロに
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標 目標値(2021年)

自社管理畑のブドウ生産量

200 t (2027年)

View all

環境

ポジティブインパクトで、持続可能な地球環境を次世代につなぐ。

水や農産物など自然の恵みを利用する私たちにとって、地球環境の持続可能性は事業継続の前提であり、容器包装や気候変動影響への対応などのバリューチェーンでの環境負荷低減は経営基盤の強化にもつながります。

キリングループは2020年に改定した「環境ビジョン2050」のもと、ポジティブインパクトで、持続可能な地球環境を次世代につなげます。

重点的に取り組むSDGs
  • 2 飢饉をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標 目標値(2021年)

グループ全体GHG削減率
① Scope1.2の合計
② Scope3

50 %

30 %

(2030年19年比)

View all

その他諸課題への取り組み

価値創造ストーリー

キリンが、ミライを、駆けるとき。

世界中にある社会課題を解決するためにキリンが取り組む
「価値創造」のストーリーを様々な分野からご紹介しています。

PICKUP

その他の取り組み

関連データと外部評価

キリングループは、投資家をはじめとしたステークホルダーに対して、透明性のある情報開示を実施しています。
その結果として、グローバルなインデックスへの組み入れや多くの評価をいただいています。

関連データ

外部評価

View all

関連情報