2.2d 原料生産の持続可能性強化

コミットメント

レインフォレスト・アライアンス認証の取得支援をはじめ、スリランカの紅茶農園を長期的に支援し、認証茶葉の使用を拡大していきます。

アプローチ

  • 紅茶葉の持続可能性を担保するために、レインフォレスト・アライアンス認証の取得支援を通じて、紅茶葉生産者を支援します。
  • 長期的にレインフォレスト・アライアンス認証茶葉の使用を拡大していきます
  • 2.2d 原料生産の持続可能性強化

関連するSDGs
  • 2 飢饉をゼロに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
成果指標

レインフォレスト・アライアンス認証取得支援小規模農園数
※キリンビバレッジ

成果指標 目標値(2021年)

10,000 農園 (2025年)

取り組み

キリン スリランカフレンドシッププロジェクト

キリングループでは生産地やそこで働く人とのより良いパートナーシップを築き、良質な原料茶葉を使用した「キリン 午後の紅茶」を提供し続けることができるように、「キリン スリランカフレンドシッププロジェクト」を実施しています。
具体的には、「キリン 午後の紅茶」に使用している紅茶葉の産地であるスリランカの紅茶農園が、より持続可能な農園認証を取得するための支援と、農園の子供達が通う学校に図書を寄贈する2つの活動を行っています。

  • キリン スリランカフレンドシッププロジェクト

レインフォレスト・アライアンス認証取得支援

  • レインフォレスト・アライアンス認証取得支援

スリランカの紅茶農園が、「環境保全」「社会的公正」「経済的競争力」の全てにおいて、将来にわたっても持続的に運営していけることを保証する国際的な認証を取得するための支援を行っています。米国ニューヨーク及びオランダのアムステルダムに本部を置くレインフォレスト・アライアンスとの協働プログラムです。

取り組み内容

スリランカの紅茶農園が、持続可能な農園認証制度「レインフォレスト・アライアンス認証」を取得することを支援します。(トレーニング費用を提供、監査・認証の費用は紅茶農園側が負担)

支援先となる紅茶農園

紅茶葉の収量や品質の向上、農園の環境保全や労働環境の改善など持続可能な紅茶農園の運営に意欲のある農園から選定しています。

キリンライブラリー設立

  • キリンライブラリー設立

2007年よりスリランカの紅茶農園の子どもたちが通う小学校に図書の寄贈を開始し、2016年末までに、100校を超える学校にお届けしました。2017年から2022年は100校を目標に活動を継続し、子どもたちの学力向上や、将来への夢を描くお手伝いを続けてまいります。

取り組み内容

スリランカの紅茶農園の子どもたちが通う小学校への、図書および本棚の寄贈による「キリンライブラリー」の設立。

寄贈先・実績

スリランカの紅茶農園の子どもたちが通う小学校

  • 2016年末までに約100校
  • 2017年から2022年は100校を目標に活動を継続

寄贈内容

各校に本棚1台、図書を年100冊程度(物語、図鑑、地図等。各学校の希望を聞き、現地の書籍を選定)

トピックス

スリランカのレインフォレスト・アライアンス認証を取得している紅茶大農園の約30%はキリンの支援で取得し、持続可能な農園になりました

キリングループでは紅茶葉を持続可能に使っていくために、スリランカの紅茶農園が持続可能な農園認証制度レインフォレスト・アライアンス認証を取得する支援を2013年から継続して行っています。

スリランカで、紅茶葉を栽培する小農園支援と農園の水源地保全活動を開始します

キリンは、紅茶農園が自然や人権に配慮しながら継続的に紅茶葉を生産できるように、2013年からスリランカの紅茶農園が持続可能な農園認証制度であるレインフォレスト・アライアンス認証を取得する支援を行っています。