CSVマネジメント

この100年以上の歴史の中でも今、私たちを取り巻く環境は大きく変わってきました。生活習慣病などの健康問題、医療費の高騰、高齢化、人と人とのつながりの希薄化、経済格差が進み、気候変動や自然破壊が深刻さを増しています。私たちは、こうした社会問題の解決に主体的に取り組むことでお客様の幸せに貢献したいと考えています。グループの強みを活かして社会課題に取り組むことが、発想の転換や創意工夫を促し、イノベーションを生み出します。そうすることで、キリンの組織能力が向上し、お客様にとっての価値を持続的に提供できるのです。これがCSV(社会と共有できる価値の創造)という私たちが最も大切にしている経営の方針です。

グループCSV委員会について

グループCSV委員会は、キリングループがCSVを積極的・自主的に推進していくために、原則年1度、キリンホールディングス社長が委員長となり開催しています。

主要事業会社の社長も委員として出席し、最適なグループCSV方針・戦略および取り組み計画策定のための討議を行うとともに、CSV取り組み計画の実行状況のモニタリングを行います。

グループCSV委員会で決定した内容は、必要に応じキリンホールディングス グループ経営戦略会議や同取締役会に付議・報告し、グループ全体戦略へ反映させます。委員長はキリンホールディングス各部門またはグループ各社に対して、CSVの推進に必要と思われる改善指示等を行い、委員会で決定したCSV方針・戦略の実効性を高めます。事務局のキリンホールディングスCSV戦略部は、CSVに関する情報提供や各社の取り組みの共有など、事業会社や主管部門の支援を行っていきます。

2020年度には、キリンホールディングス各部門および主要事業会社企画部門の実務担当者で構成されるCSV担当者会議(事務局:キリンホールディングスCSV戦略部)を新たに設置し、グループ全体でのCSVの推進に向けて、情報共有と意見交換を行っています。

  • 図:グループCSV委員会について

CSVコミットメントのモニタリング

CSVコミットメントは、その上位にあるグループ・マテリアリティ・マトリックス(GMM)やCSVパーパスと同様、キリンホールディングス取締役会に付議し、設定・変更しています。

現在の中期経営計画では、CSVコミットメントの目標を非財務KPI目標の一つとして設定しており、その実行状況は、CSV委員会でも確認・議論され、キリンホールディングス取締役会でモニタリング・監督しています。

また、年度末においては、キリンホールディングス取締役(社外取締役を除く)の業績評価指標の一つとしてCSVコミットメントの進捗・達成状況を反映しており、社外取締役が過半数を占める指名・報酬諮問委員会で審議し、取締役会へ答申しています。

ステークホルダーとの協働

キリングループは、「お客様」「株主・投資家」「地球環境」「ビジネス・パートナー」「コミュニティ」「従業員」を、グループ共通のステークホルダーと考えています。「キリングループならではのCSV」実現のため、事業を通じたステークホルダーとのかかわりを大切にし、新しい価値を共創していくことを目指します。

  • 図:ステークホルダーとの協働

お客様 確かなものづくりの技術によって、お客様の期待に応える高い品質を追求し、「食と健康」を通じて世界の人々の健康、楽しさ、快適さに貢献する。
株主・投資家 コーポレートガバナンスのさらなる充実、中長期的な企業価値の向上のために、情報開示の充実、建設的な双方向の対話を行う。
地球環境 バリューチェーンから発生する環境負荷を低減させながら、地球が賄うことができる能カとのバランスが取れるよう資源を循環させる。
ビジネス
パートナー
全てのビジネスパートナーと持続可能な社会の実現に向けた公正な取引を通じて信頼関係を築き、お客様によりよい商品・サービスをお届けする。
コミュニティ 事業活動を支える地域社会を大切にし、コミュニティの健全で持続的な発展に貢献する。
従業員 多様な人材が活き活きと働き、仕事を通じて自己成長を実感し、イノベーションに挑戦する組織風土の醸成に取り組む。

取り組み・活動・方針

コミットメントおよび成果指標一覧

「CSVコミットメント」は、長期経営構想「キリン グループ・ビジョン2027 」の長期非財務目標である「CSVパーパス」の実現に向けた各事業の中長期アクションプランです。「キリングループ2019-2021中期経営計画」の非財務KPIの1つにCSVコミットメントの目標を掲げて、その実行状況をキリンホールディングス取締役会でモニタリングしています。

関連情報