トップメッセージ

清涼飲料商品やサービスの新たな提案によって「お客様のこころとからだを健やかにする企業」を目指します。

  • 代表取締役社長 吉村透留

キリンビバレッジは、『自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献する』というキリングループの理念のもとで、清涼飲料商品やサービスを提供しております。1963 年の創立以来、半世紀以上にわたる歴史の中で、長年培ってきたキリンの基本姿勢である「品質本位」「お客様本位」のもと、清涼飲料を通じてお客様の期待にお応えすべく様々な価値をお届けし、あたらしい飲料文化の創造に努力してまいりました。「キリン 午後の紅茶」「キリン 生茶」をはじめとした様々なブランドや商品が、この姿勢と蓄積してきた技術の中で生まれ、お客様に長く信頼いただき、ご愛飲いただいてきたことは、私たち造り手にとっての誇りです。

これからもお客様の生活に寄り添い、社会の一員としてステークホルダーの皆様から信頼される企業であり続けるために、私たちは、商品やサービスの提供を通じて社会課題を解決していく「CSV(Creating Shared Value)」という経営コンセプトを実践してまいります。当社が商品やサービスを通して社会に貢献できると考えているのが、「健康」「環境」「コミュニティ」に関する課題です。健康に関しては、ヘルスサイエンス関連の商品やサービスを確かなエビデンスとともに提供していきます。健康な人の免疫機能の維持をサポートする「キリン iMUSE(イミューズ)」をはじめとした「プラズマ乳酸菌」を配合した機能性表示食品は、プラズマ乳酸菌に関する長年の基礎研究の裏付けとともに提供しており、今後このような商品にも力を入れていきたいと考えています。環境に関しては、ペットボトルを資源として持続的に循環できる社会を目指し、ケミカルリサイクル技術の検討などの取り組みを進めています。コミュニティに関しては、スリランカ紅茶産業振興への取り組みや、自然災害に被災されたコミュニティの復興応援など、皆様からの支援の橋渡しとなる活動を通して、人と人とのつながりを創る役割を果たしていきたいと考えています。

これからもより多くのお客様に、キリンビバレッジの活動に賛同いただき、また私たちの商品やサービスをご愛顧いただけるよう、従業員一同努力してまいります。

代表取締役社長
吉村 透留