ヘルスサイエンス領域の安全・安心への取り組み

ヘルスサイエンス領域における品質保証

ヘルスサイエンス領域においては、素材基礎研究から商品開発、商品上市後まで、研究開発部門、信頼性保証室、ヘルスサイエンス事業部、販売を担うグループ会社が連携し、品質保証活動に取り組んでいます。
素材基礎研究では既存事業の食領域と医領域に加えキリングループが長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」の技術をベースに様々な研究活動を行い、商品設計においては各事業会社が開発された素材を活用し、商品特性に応じて品質アセスメントを実施しています。その中で信頼性保証室は、バリューチェーン全体にわたって安全性や有効性の評価等に関与し品質保証活動を強化しています。

機能性表示食品における信頼性保証の取り組み例

機能性表示食品では、国の審査を受ける特定保健用食品(トクホ)制度と異なり、企業自らの責任において、適切かつ制度に適合した科学的根拠を国に届出する必要があります。
キリングループでは“科学的根拠に基づいた表示”を行えるように、基礎研究、商品開発、機能性表示食品届出、マーケティング、販売を行う各部門から独立した第三者組織として、データや表示の妥当性をチェックする信頼性保証室を設立しました。
商品上市後においても、機能性関与成分の安全性・有効性に関する最新情報の収集・評価やお客様からのお申し出の解析を行っています。

機能性表示食品の素材基礎研究から上市後まで

  • 図:機能性表示食品の素材基礎研究から上市後まで