品質マネジメント

キリングループ グローバル品質マネジメントの原則

キリングループでは品質方針である「お客様本位」「品質本位」をグループ全体で具現化し、高水準の品質マネジメントを行うため「キリングループ グローバル品質マネジメントの原則」を制定し、国内外のグループ会社での運用を進めています。この原則は、原材料調達から開発、製造、物流を通じてお客様に商品・サービスをお届けするまでのバリューチェーン全体において、キリングループが大切にする品質マネジメントのエッセンスです。その考え方をグループ各社の品質マネジメントシステムに反映し、確かな品質の商品・サービスへとつなげています。

  • キリングループ品質方針

グローバル品質マネジメント ※一部抜粋

  • 品質マネジメントシステムの構築と継続的改善
  • 品質総括責任者の任用
  • 必要な資源の確保
  • 法令遵守
  • 業務委託先の管理
  • お客様とのコミュニケーション
  • ライセンス供与時の品質要求

品質保証のガバナンス体制

商品およびサービスの安全性と情報開示に関する基本ポリシー

  1. 商品およびサービスに関し、平素よりその安全性に関わる情報の入手に努めます。
  2. 安全性に関わる情報を入手した場合は、迅速にその信頼性・重要性についての情報収集に努めます。
  3. 収集した情報について、キリングループの技術力・組織力を最大に発揮して科学的検証を行ないます。
  4. 検証の結果、お客様の健康に何らかの影響があると考えられる場合には、すみやかに情報を開示します。
  5. お客様の健康を害する恐れが否定できないと判断した場合には、販売の自粛や市場からの市場からの製品回収等の適切な対応を行ないます。

商品・サービスの安全・安心に関わる事故が発生した場合の対応

キリングループでは、品質事故が発生した場合、「グループクライシス管理マニュアル」に 従ってお客様の安全(健康)を第一に対応を行っていきます。
対策本部を設置し、社長、担当役員等を含めた社内の報告・共有を速やかに行うと同時に、 被害の拡大防止のため必要な情報を社外(お客様・監督官庁等)にも報告・公開します。
対策本部を中心に、グループリスク・コンプライアンス委員会、関係部署と連携し、状況把握、分析、最悪シナリオに 基づく対応方針を検討し、対策を実施します。同様な品質事故が二度と起こらないよう、再発防止のための仕組みを構築しています。

教育プログラム

教育プログラム対象者実施時期

品質月間(品質保証統括役員による品質をテーマとしたメッセージの発信)

国内グループ従業員 毎年11月
品質研修 新卒新入社員 入社時
内部監査員研修
(ISO9001、FSSC22000)

国内グループ従業員(内部監査従事者等)

年数回

機能を謳う食品に関する広告・表示研修 国内グループ従業員 毎年5-6月