オンラインで2度目のキリン・スクール・チャレンジを開催しました

  • 環境

2020年12月04日

  • オンラインで2度目のキリン・スクール・チャレンジを開催しました

10月14日(水曜日)から11月15日(日曜日)にかけて、「つながっている、わたしたちと世界」をテーマに中高生が議論して同世代に伝えていくワークショップ「キリン・スクール・チャレンジ」を「オンライン」で開催しました。
コロナウイルスの感染拡大を受けたオンライでの開催は今回で2度目。前回は、ニュージーランドから参加がありましたが、今回も仙台や名古屋、さらにはフランスからも参加があるなど、オンラインならではの国や地域を超えたワークショップになりました。
今回もテーマは、「FSCR」と「レインフォレスト・アライアンス」。
ZOOMのブレイクアウトルームの機能やUMU、Googleスプレッドシートなどを駆使してリアルタイムで情報を共有しつつ、ワークショップを進めていきました。
ワークショップのアウトプットは、前回と同じ「スケッチブック・リレー動画」にしました。

日程は以下の通りです。

FSC

  1. 10月18日(日曜日)~10月30日(土曜日):Youtubeで講義視聴
  2. 11月8日(日曜日)13時30分~17時30分:ワークショップ前半
  3. 11月8日(日曜日)~11月14日(土曜日):各自で作品の動画撮影
  4. 11月15日(日曜日)14時30分~16時30分:ワークショップ後半
  5. 11月15日(日曜日)~11月23日(月曜日):各自で作品の動画撮影

レインフォレスト・アライアンス

  1. 10月18日(日曜日)~10月30日(土曜日):Youtubeで講義視聴
  2. 11月1日(日曜日)13時30分~17時30分:ワークショップ前半
  3. 11月1日(日曜日)~11月7日(土曜日):各自で作品の動画撮影
  4. 11月8日(日曜日)9時30分~11時30分:ワークショップ後半
  5. 11月8日(日曜日)~11月14日(土曜日):各自で作品の動画撮影

下記は、FSCコースの様子です。

講義の事前視聴(2020年10月18日~)

参加者は、実際のワークショップの前に各自でYoutubeで限定公開された講義の動画を視聴しておきます。

ワークショップ前半(2020年11月8日)

まずは簡単にチームビルディング。初めて会ったばかり、しかもオンラインでのワークショップなので、これは重要です。

今回は、オンラインでの開催なので、ZOOMのブレイクアウトルームの機能を使い、各チームごとに分かれてワークショップを行っていきます。
まずはワークショップの流れを確認したら、Google スプレッドシートを使いながら、講義を聞いて関心を持ったころ、伝えたい内容を議論しながら決めています。その間にFSCジャパンやキリンの担当者がブレイクアウトルームを巡りながら、質問に答えたり、作品作りの相談に乗ったりしていきます。訴えたいことが決まったところで、今日の4時間かけたワークショップは終了です。

ワークショップ前半が終わったら、次のワークショップ後半までの1週間で、チームになったそれぞれのメンバーが、SNSなどを使いチーム内で連絡を取り合いながら自分でスケッチブックを作成し、担当のところの動画を撮影して主催者に送付しておきます。

ワークショップ後半(2020年11月15日)

ワークショップ後半では、前回のワークショップの後に撮影した動画の確認を行っていきます。

  • 写真

  • 写真

全体での説明が終わったら、ZOOMのブレイウトルームに分かれてワークショップを行っていきます。
FSCジャパンとキリンの講師2名は、順に各チームのブレイアウウトルームを訪問し、撮影してきた動画に対してサジェスションを行います。各チームは、そのサジェスションを参考にして、1つの動画にまとめていく作業の進め方ついて話し合いを行っていきます。

約2時間のオンライン・ワークショップの後は、学生たちは、ワークショップに参加した理由やワークショップの感想等を交換して、ワークショップは終了。2回のワークショップを通じて、遠く離れた場所にいる学生たちが1つのチームになっていきます。

FSCチーム

  • 作品一覧

レインフォレスト・アライアンスチーム

各チームのスケッチブック・リレー動画ができあがりました。離れた場所にいるメンバーが撮影した動画が集まって1つの作品になりました。想いをこめた力作ぞろいです。一人でも多くの人に届けたいですね。 できあがった作品は、キリン・スクール・チャレンジのサイトで紹介しています。

今回のワークショップでは、みなさんの作品を「こども国連環境会議推進協会」のツイッター・アカウントで12月2日(水曜日)~12月27日(金曜日)で発信し、そのリツイート数を競いました。
さらに「こども国連環境会議推進協会」のアカウントをフォローした上で上記期間中にリツイートしていただいた方から抽選で、エコパンダや午後の紅茶をプレゼントするキャンペーンも同時に実施しました。

  • FSC 優勝チーム:第1班(601リツイート獲得)
  • レインフォレスト・アライアンス 優勝チーム:第5班(854リツイート獲得)
  • いずれも2020年12月27日時点
  • キリン・スクール・チャレンジ twitter キャンペーンは終了しました。

FSC®C137754

キリン・スクール・チャレンジは「第8回キャリア教育アワード」の奨励賞と、「平成29年度 青少年の体験活動推進企業表彰」の審査委員会奨励賞を受賞しています。

※所属(内容)は掲載当時のものになります。

価値創造モデル

私たちキリングループは、新しい価値の創造を通じて社会課題を解決し、
「よろこびがつなぐ世界」を目指しています。

価値創造モデルは、キリングループの社会と価値を共創し持続的に成長するための仕組みであり、
持続的に循環することで事業成長と社会への価値提供が増幅していく構造を示しています。
この循環をより発展させ続けることで、お客様の幸せに貢献したいと考えています。