サステナビリティ課題別会議開催報告

2022年開催報告

グループ環境会議(主な議題)

6月24日開催

  • 2022年の取組み    
    • 気候変動        
      • SBTネットゼロ目標の認定取得(2022年7月予定)
      • Scope1,2,3はGHG削減ロードマップに基づき計画どおり実行中
    • 容器包装    
      • リサイクル樹脂使用比率9%に到達。比率向上のため、ボトル軽量化取組中
      • ケミカルリサイクルPJTを推進
    • 環境関連財務情報開示    
      • GPIFの「優れたTCFD開示」にキリンが選出。環境報告書でTCFD新ガイダンスに準拠して開示
      • ISSBは対象がサステナビリティ全般であるため、関連部署横断的なチーム化の検討・合意
      • TNFD・SBTNはβ版での試行・開示。継続したルールメイキング。原料農産物の場所特定調査を検討
  • 2023年の方針・計画 
    • 気候変動     
      • Scope1,2は投資判断にICPを適用したロードマップの策定と実行
      • Scope3はサプライヤエンゲージメント強化に向けた実態把握および排出量可視化ツールの検討
    • 容器包装   
      • リサイクル樹脂使用比率向上のため、SKU拡大とボトル軽量化を推進
      • ケミカルリサイクルPJTを推進
    • 環境関連財務情報開示   
      • 有報でTCFD新ガイダンスに準拠して開示。環境報告書で財務情報開示のさらなる拡大を検討
      • ISSBは監査基準などが定まり次第、財務報告で基準に準拠した開示が必要。要請事項の確認・検討
      • TNFD,SBTNは原料農産物を含んだ検討

2月17日開催

  • 2022年に新設
  • グループ環境会議の概要
  • 主要テーマ(気候変動、容器包装、環境関連財務情報開示)に関する次の事項を共有
    • 背景、現状分析、競合の動き等
    • キリンの優位性と課題
    • 取組み方針・戦略
  • 気候変動、容器包装、環境関連財務情報開示に絞って情報を共有する。環境の4大テーマのうち、生物資源や水資源は、気候変動や自然資本などとも複雑に関係し、環境関連財務情報開示の枠組みの中で情報を共有する。
  • 環境会議

グループ人権会議(主な議題)

6月24日開催

  • 2022年の取組み
    • 人権デューデリジェンスの実施対応
    • ステークホルダーとの人権ダイアログ実施結果への対応
  • 2023年の方針・計画
    • 人権中長期戦略をベースにした各重点テーマの活動計画の策定
    • 2022年CHRBの最終評価結果を踏まえた2027年目標の再検証(方向性)

2月17日開催

  • 2021年の取組み
    • グループ人権会議の新設
    • 調達リスクマネジメント体制の整備
    • 調達方針、サプライヤー規範の改訂
  • 2022年の方針・計画
    • 「ビジネスと人権」に関する啓発施策
    • 人権デューデリジェンスの対象国・品目・実施時期の確認
  • 健康経営推進会議

グループ健康経営推進会議(主な議題)

6月22日開催

  • 2022年の取組み
    • グループ社外開示指標の(昨年度)実績と進捗
    • 各事業会社における重点取組みの進捗・課題
    • 健康リテラシー向上の取組み 「KIRIN naturals ウェルネスストア」の活用
  • 2023年の方針・計画
    • グループ労働安全衛生方針

1月27日開催

  • 2022年に新設
  • グループ健康経営としての目指す姿
  • グループ健康経営推進会議(安全衛生含む)の概要
  • グループ社外開示指標
  • 各事業会社における重点取組み
    • 目指す姿
    • 現状
    • 課題
  • 人権会議