企業方針

グループ経営理念:ミッション

社会における永続的、長期的なキリンの存在意義

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、
「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します

お客様の求めるものを見すえ、自然のもつ力を最大限に引き出し、それらを確かなかたちとして生み出していくモノづくりの技術。私たちは、こうした技術によって、お客様の期待にお応えする高い品質を追求してきました。これからも、「夢」と「志」をもって新しいよろこびにつながる「食と健康」のスタイルを一歩進んで提案し、世界の人々の健康・楽しさ・快適さに貢献していきます。

コーポレートスローガン

お客様や社会からみたキリンの存在意義をシンプルに表現したもの

よろこびがつなぐ世界へ

  • これは、キリングループが未来へ向かうための合い言葉です。どんなに世界が変わったとしても、心も身体もすこやかに生き生きと暮らすよろこびが、一人ひとりにとって、身近な人達にとって、社会にとって、あらゆる幸せへとつながっていくと私たちは信じています。よろこびは、人や社会をつなぐ根源的な力。人を励まし、良い連鎖を生みます。創業以来、企業活動を通して新たな価値を生み、日々の暮らしを豊かにするために歩んできたキリンはこれからも、「食と健康の新たなよろこび」を広げ、人と社会の絆を深めていきます。すこやかに生きるよろこびを。地域と共に生きるよろこびを。自然環境と共に生きるよろこびを。大切な時を分かちあって生きるよろこびを。人と人がつながって生きるよろこびを。たくさんのよろこびの連鎖をキリンから広げていくよう、挑戦をつづけることを約束します。

  • ~キリングループのシンボル”聖獣麒麟”~

伝説では、よいことがある前触れとして姿をあらわすと言われている麒麟。
1888年に「キリンビール」という商品のラベルにはじめて“聖獣麒麟”がデザインされました。
「幸せを運び、よろこびと共にある」キリングループのシンボルです。

「KIRINブランドムービー」

「よろこびがつなぐ世界へ」

この言葉に込められた「キリンがこれまでも、これからも先も、お客さまとともに、
人と人、人と社会、人と自然をつなぐよろこびを生み出し、つなげていく」という想いを描きました。

食から医にわたる領域で、よろこびを生み出しながら、キリンはこれからも駆けていきます。

CSVパーパス

キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

  • CSVパーパスの図

新型コロナウイルス感染拡大に対するキリングループの取り組み

現在、新型コロナウイルス感染拡大の状況の中で、私たちが皆様の健康や日常生活を支えるため、キリングループができることをご紹介します。

  • 心と身体が健康でありつづけるために。これからの日常のために。

2027年の目指す姿:ビジョン

2027年までに達成したいこと

食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV先進企業となる

3つの成長シナリオと事業領域

  1. 食領域の収益力強化
  2. 医薬事業の飛躍的な成長
  3. ヘルスサイエンス事業の立ち上げ・育成

この3つの成長シナリオにそって事業拡大に挑み、社会課題の解決に貢献することで、「世界のCSV先進企業」を目指します。

  • 3つの成長シナリオと事業領域の図

"One KIRIN" Values

キリングループの一員として大切にする考え方、気持ち

熱意・誠意・多様性〈Passion. Integrity. Diversity.〉

熱意

自由な発想で、進んで新しい価値をお客様・社会に提案することへの我々の熱い意志。会社やブランドに誇りを持ち、目標をやりきる熱い気持ち

誠意

ステークホルダーの皆さまのおかげでキリングループは存在しているということへの感謝の気持ち、謙虚な気持ちで確かな価値を提供し、ステークホルダーに貢献するという誠実さ

多様性

個々の価値観や視点の違いを認め合い、尊重する気持ち。社内外を問わない建設的な議論により、「違い」が世界を変える力、より良い方法を生み出す力に変わるという信念

関連情報