オンラインで4度目のキリン・スクール・チャレンジを開催しました。

  • 環境

2021年09月17日

2021年8月12日(木)から8月23日(月)にかけて、「つながっている、わたしたちと世界」をテーマに中高生が議論して同世代に伝えていくワークショップ「キリン・スクール・チャレンジ」を「オンライン」で開催しました。
今回のテーマは、「FSC®」と「レインフォレスト・アライアンス」。全国から合計で42人の参加がありました。
ワークショップのアウトプットは、前回と同じ「スケッチブック・リレー動画」。
日程は以下の通りです。

7月19日~8月11日:Youtubeで講義視聴
8月12日(FSC)、8月13日(レインフォレスト・アライアンス):ワークショップ前半
8月14日~8月22日:各自で作品の動画撮影
8月23日(FSC、レインフォレスト・アライアンス):ワークショップ後半
8月24日~8月29日:各自で作品の動画撮影
8月30日~9月3日:事務局で各自の動画を各チームの動画として編集

参加者は、Youtubeで限定公開された講義の動画を、実際のワークショップの前に各自で視聴しておきます。

FSCチーム:ワークショップ前半Day1 2021年8月12日(木)

オンラインでのワークショップは、約1週間の間をおいてDAY1(4時間)とDAY2(2時間半)の2回に分かれて実施します。
DAY1ではスケッチブック・リレー動画の内容を決めていきます。
まずは、ZOOMのブレイクアウトルームで各チームに分かれて、Google スプレッドシートを使いながら講義を聞いて関心を持ったところ、伝えたい内容を共有し、何を伝えたいかを議論しながら決めていきます。
参加者が疑問に思ったところは、参加しているFSCジャパンやキリンの担当者がブレイクアウトルームを巡っていく中で回答していきます。
希求したい内容、各担当が作る動画の大枠の内容を決めるところまでがDay1のワークショップになります。

レインフォレスト・アライアンスチーム:ワークショップ前半Day1 2021年8月13日(金)

レインフォレスト・アライアンス チームも、同様にワークショップを行いました。

Day1のワークショップが終わり、次のDay2が開催されるまでの約1週間の間に、チーム毎に学生一人一人が、SNSなどを使いチーム内で連絡を取り合いながら自分でスケッチブックを作成し、担当のところの動画を撮影して主催者に送付します。

ワークショップ後半Day2(2021年8月23日(月)

ワークショップ後半では、まず参加者全員で学生一人一人が撮影した動画を再生しながら、スケッチブック・ストーリーとして成り立たせるためのテクニカルな部分を確認します。その後は、各チームでZOOMのブレイウトルームに分かれます。各チームでは、各自で撮影した動画を1つのスケッチブック・ストーリーとしてつないでみた中で、訴えかけたいことがうまく伝わる動画になっているかを確認し、改善点を見つけていきます。
FSCジャパンとキリンの講師2名は、順に各チームのブレイアウウトルームを訪問し、撮影してきた動画に対してサジェスションを行います。各チームは、そのサジェスションを参考にして、さらに完成度を高めた動画にするための、各人の作業の進め方ついて話し合いを行っていきます。

レインフォレスト・アライアンスのワークショップでも同様にしてワークショップを行っていきます。

前半、後半と2回に分けて実施したオンライン・ワークショップの後、さらにチーム毎に1週間程度かけて最終の動画に仕上げていきます。遠く離れたところに住んでいるので撮影自体は各人で行いますが、最終の作品に仕上げていくまではSNSで情報や意見を交換しながらチームとして制作を進めていきます。

FSCチーム

RAチーム

各チームのスケッチブック・リレー動画ができあがりました。離れた場所にいるメンバーが撮影した動画が集まって1つの作品になりました。想いをこめた力作ぞろいです。一人でも多くの人に届けたいですね。
できあがった作品は、「作品一覧」の中で紹介しています。下記の「作品の一覧はこちら」をクリックしてください。

ワークショップはこれで終わりではありません。
参加した中高生の作品は「こども国連環境会議推進協会」のツイッター・アカウントで2021年9月8日(水)~10月8日(金)で発信してそのリツイート数をテーマ毎に競い合うところまでがワークショップです。
この期間中で「こども国連環境会議推進協会」のアカウントをフォローした上で上記期間中にリツイートしていただいた方から抽選で、エコパンダや午後の紅茶をプレゼントするキャンペーンも同時に実施します。

  • プレゼントキャンペーンの主催は「こども国連環境会議推進協会」です。

キリン・スクール・チャレンジは「第8回キャリア教育アワード」の奨励賞と、「平成29年度 青少年の体験活動推進企業表彰」の審査委員会奨励賞を受賞しています。

FSC®C137754

※所属(内容)は掲載当時のものになります。

価値創造モデル

私たちキリングループは、新しい価値の創造を通じて社会課題を解決し、
「よろこびがつなぐ世界」を目指しています。

価値創造モデルは、キリングループの社会と価値を共創し持続的に成長するための仕組みであり、
持続的に循環することで事業成長と社会への価値提供が増幅していく構造を示しています。
この循環をより発展させ続けることで、お客様の幸せに貢献したいと考えています。