気候変動の克服原料

紅茶農園での気候変動への適応策

キリングループは、スリランカの紅茶農園に対するレインフォレスト・アライアンス認証のトレーニングプログラムを通じて気候変動の適応策に貢献しています。具体的には、斜面に根が深く地を這う草を植えるように指導することで、集中豪雨で土壌が侵食され流出し、茶葉生産量が落ちることを防いでいます。
シナリオ分析の結果、気候変動の影響で多くの農産物生産国・地域で、水リスクや水ストレスが高まることが把握できています。スリランカでも、近年気候変動の影響と考えられる想定外の大雨が雨季に降ることが増え、紅茶の重要な産地であるウバ地域では数年前に地滑りが発生し多くの人命も失われています。この取り組みは、大雨による地滑りなどの災害を防ぐことにも寄与しています。

  • 雨による土壌流出防止

※ 上記情報は「キリングループ環境報告書2022」の開示内容を転載したものであり2022年6月末現在の情報です。